一般社団法人 日本レンズ協会 監修

レンズ修理販売ビジネスオンライン講座

直して売るから意義がある

 

 

修理費=利益のシンプル転売

安く仕入れる必要がないので仕入れの心配不要

 

光学機器=レンズ転売のあるべき姿とは?

仕入れたレンズを修理して再販

当協会に寄せられる、一般的なセラーさんの最大の悩み!
あなたも同じ様な事で悩んでいませんか?

 

①仕入れ時=運に頼って、何時間も検索している時間がもったいない

高い授業料を払って、その通り取り組んでみたけれど、利益を出そうとするとなるべく安く仕入れなければいけないが、そういうレンズを仕入れる事が、そもそも難しい。そして、ネット上で何時間も検索しても、一個も見つけられない日がある。

 

  ②出品時=なるべく高く売れる工夫に限界を感じる

相場の値段より、安く仕入れられたとしても、その後、高く売る為の工夫に限界を感じている。デザインがカッコイイ出品テンプレート使ったり、商品のレンズの写真をカッコよく撮影したり、商品説明文章で、そのレンズの状態をなるべく良い様に表現しているが、そもそも、仕入れた状態と同じ状態で再販する訳けだから、売れたとしても、何の付加価値も付けていない事に罪悪感を覚えてきた!このままだと、レンズ転売ビジネスそのものを継続する気持ちになれないでいる。

 

  ③出品中=出品終了時間前、想定の値段が付いているのか?心配

頑張って、出品できたとしても、利益がでる最低ラインの値段がつくのか?心配で、パソコンを頻繁に確認する作業に疲れを感じてきた。順調に価格が吊り上ってきた時は、次の仕入れ探しに弾みがつくが、そうでない時は、意欲が失せて、作業の手が止まってしまう事が多い。

何故、その様な状態になってしまうのか?

中古商品を扱う転売市場では何だかの付加価値を付けないと

利益を出すのは難しいから

 

価格差で儲かるのは新品商品を扱う転売市場

そもそも、安く仕入れて⇒高く売る・・・というビジネスモデルが通用するのは、基本的に新品商品を扱う転売市場の考え方です。レンズの転売は、中古品を扱う転売市場に身を置いていますので、価格差を期待した利益の確保自体に問題があります。ですから、絶対不可欠な付加価値を生み出せないと、レンズの転売は上手く軌道に乗りません!

 

レンズ転売の付加価値とは?

ズバリ!直して売る事につきます!仕入れたレンズを検査して、支障がある個所を修理の範疇で修理して転売します。たったこれだけの、至ってシンプルな、転売ビジネスモデルです。逆の言い方をすれば、直して売るからこそ、そこに初めて意義が生まれます。

 

直して売ると、どういうメリットが生まれるのか?

修理の範疇で、レンズを整備する事そのものに、先ずは価値が生まれます。この後、詳しく解説致しますが、直して売るのですから、当然仕入れた状態よりもいい状態のレンズに生まれ変わります。ですから、復元した状態分=付加価値となり=ここに本当の意味での利益が生まれます。すなわち、レンズ転売の利益=偶然の価格差ではなくて、レンズ転売の利益=修理費なのです。この様な、利益とは何か?という基本構造が理解できれば、仕入れの段階で、無理に安いレンズを探す必要は全くありません。なるべく安価なレンズを探す必要がないので、仕入れ・・・と言うスタート段階で、悩む必要性がなくなります。仕入れの時間が大幅に時短されます。短時間で、好きな数だけ仕入れられます。他にもメリットは沢山ありますが、この後詳しくお話し致します。

仕入れたレンズを直して売る為のスクール

レンズ修理転売ビジネスオンラインスクール

 

レンズ修理ビジネスオンラインスクール2020年度期生の募集案内です

 

今年も、一般社団法人・日本レンズ協会監修のもと、今までになかった全く新しい転売ビジネスモデルを公開致します。

 

これからの時代の王道となっていく、新スタイルのレンズ転売ビジネスを学んで頂きます。

 

※2020年度年間応募枠24名さん限定

 

※2020年3月31日現在あと16名

 

での応募情報公開とさせて頂きたいと思いますので、ご興味のある方で、在宅ビジネスや、転売ビジネス関連情報をお探しの方は、是非この先をお読み頂けますと幸いでございます。


生徒さんを指導している日本レンズ協会講師の私も、教えながら実際にレンズ修理転売を実施している現役のプレーヤーです。

 

いくらで仕入れて、いくらで売れて、いくらの利益を得ているのか?

レンズ1個ごとの販売結果を知りたい方は下記バナーを左クリックして下さい。

 

レンズ修理販売ビジネス実践日誌
別ウインドーでページが開きます

 

※補足:講義は完全個別指導制コンサルテイングの為、月々の受け入れ人数を2名までとさせて頂いております。

このスクール受講想定対象生徒さん①

自宅で完結する副業を探している方

 

時代の変化と共に、副業を認める企業が年々増えてきました。

そんな環境下で、自宅でできる副業を模索している会社勤めの方にとって当スクール内容には適しているコンテンツが多いと思われます。

 

同時に、ご家庭で大切なお子さんを育てながら、パート等で毎月家計を援助しながら、ご家庭を切り盛りなさっている主婦の方にとっても、当スクール内容が、もしかしたらお役に立てるかもしれません。

このスクール受講想定対象生徒さん②

現在実際に行っている転売ビジネスに

疑問を感じている方

 

光学機器=レンズの転売ビジネスを、現在行っている方で、今のやり方に疑問を感じているセラーさんは沢山いらっしゃいます。

 

仕入れに関してだけ特化しても、利益を出そうとすれば、当然安く仕入れる必要性がでてきます。

 

でも、とにかく安く仕入れて、楽して儲けられればいいというセラーさんが増加して、ネット上でレンズを安価で仕入れる事が困難な時代になってきています。

 

レンズの構造等、光学機器に関する知識が乏しい状態で、只単になるべく安く仕入れて、値段が吊り上るのを祈るやり方では稼ぐ事はできません。

 

この様なセラーさんが、利益を得る為に工夫してできる事は

 

  • デザインがかっこいい出品テンプレートを選んだり
  • レンズの写真を綺麗に撮ったり(バウンズ撮影)
  • 商品説明文で購入を煽ったり

 

こんな工夫しか打つ手がありません。

 

私は、一般的なセラーさんを決して侮蔑している訳ではありませんが、出品している商品=レンズの状態を偽って販売せざるを得ない現状を何とか改善してあげられれば、それが一番いいと常日頃から感じております。

 

何れに致しましても、自分の儲けだけを優先したセラーさんは、全国の写真愛好家の方々からどんどん敬遠されていっているのが実情で、転売屋等と呼ばれているのは、光学機器を扱う同じ立場の人間として、とても悲しく思っております。

購入者=写真愛好家の方々

講師の私は、日々全国の写真愛好家の方々が大切に所有しているレンズの整備依頼の仕事をメインとしていますので、写真愛好家の方々の気持ちがよく解ります。

 

新規でレンズを購入しようと思った時、もちろん値段も大事な要素ですが、それよりももっと大切な要素は安心感です。

 

例えば、フォーカルプレーンシャッター式距離計連動フイルムカメラを転売する際、その構造を丁寧に解説してあげる必要があります。

 

 

当協会では、購入者さんに対して、基本構造取説教科書をプレゼントしております。この様な姿勢が、安心して購入して頂ける一つの要因になります。

閲覧ご希望の方は、下記バナーを左クリックしてお申込み下さい

フォーカルプレーンシャッター式
距離計連動カメラ取説教科書プレゼント

 

ネットでの買い物は、楽ですが、反面、実物を手にとって判断できないので、商品説明と実際に自宅に届いた実物の状態の一致を約束してあげるのが出品者の責任です。

 

当協会スクールの生徒さんの中にも、自分の儲けだけを考えた転売から、購入者さんから感謝されるビジネスを求めて入学された方が多いです。

 

昔のレンズ=OLD LENS を商材として取り扱うのですから、しっかりとした知識・技術・経験が伴わないと、上手く軌道に乗りません。

 

この様な背景をキチット理解しないと、ヤフオクやebayのプラットフォームでの転売は、只単に安く仕入れて再販するやり方では、簡単に稼ぐ事が年々困難になってきている事実を、先ずは理解しておく事が必要です。

 

レンズ修理転売ビジネスオンライン講座 講師 自己紹介

 

一般社団法人 日本レンズ協会 代表理事

当スクールの校長兼講師 田斉 健輔

一般社団法人 日本レンズ協会

所在地:千葉県松戸市牧の原1-24LM101

電話番号:047-3865353

日本レンズ協会公式サイトURL :https://lenscleanservice.com/

 

 

当スクールの最大の特徴

 

1、完全個別(マンツーマン)コンサルテイング指導制度です。

 

2、受講期限がない一生涯のお付き合いとなります。

 

生徒さんご自身のペースで受講して目標を達成して下さい。


どんなビジネスにも、何の為にその仕事をするのか?という思想が必要です。少し、大げさな表現になりますが、使命=ミッションです。

 

日本レンズ協会ミッション

世にある OLD Lens を修理の範疇ででき得る限り整備して

全国の写真愛好家の方々に、安心して購入・使用・所有して頂くこと

 

 

講師の私は、この使命をベースに協会を運営し、関連した複数の仕事を遂行しています。悩んだり、迷ったりした時は、いつもこの文章を心で反復、唱えています。

 

私にとってこのミッションステートメントは、心の灯台です。

 

レンズ修理転売ビジネス講座もこのミッションに照らし合わせて監修しております。

 

私個人にできる事は限られていますが、この講座受講者さんが増えていけば、世にあるOLD Lens がどんどん復元されていきますし、写真愛好家の方々も、安心してレンズを購入できる世の中になると信じています。

 

この精神を共有して、修理転売を実行している生徒さんは、皆さん各々の目標を達成しています。

 

レンズ修理転売の利点×8項目

 

実務面

① 修理費用を上乗せした価格で販売できる 修理費=利益

※落札価格-仕入れ価格=利益・・・ではなくて、修理という付加価値分が利益になる

出品の際の価格設定・・・(仕入れた値段)+(修理費)=出品時価格 なので単純計算できる。

 

② 得に安い値段で仕入れる必要がない 

※だから、何時間もパソコンに向かって、無駄な時間を使うことなく、毎日好きなだけ

仕入れができる。

 

③ 即決価格入札でオークションに出品できる

※だから、赤字にならない・・・出品者主導価格で売れます。

 

④ 出品後、数時間で完売する

※だから、次の仕入れの為の資金繰りが楽く。・・・次々に仕入れられます。

 

⑤ 転売を介して先生になる人もいる

※修理転売をしているセラーさんは、極々少数なので教えて欲しい!という依頼を受けます。

 

⑥ 同じ写真愛好家の方がリピート購入する

早期完売につながる。・・・次回出品に関するお問い合せをもらえる。

 


精神面

⑦ やっていて充実感がある

※だから、この仕事を楽しく継続できる。・・・自分の儲けだけではなくて、社会的意義がある

 

⑧ 安定した目標利益を確保できる

※日銭を確保しつつ、同時に転売以外の将来を見据えたコンテンツ構築の為の時間ができる。

 

購入者さんは、あくまでも全国の写真愛好家の方々

 

 

「誰でもいいから買ってくれ!」という思想は全くありません。

 

当スクールの修理転売ビジネスは、購入者さんを写真愛好家の方限定という設定で講義していますし、実際にその想定で出品します。

 

全国の写真愛好家の方々は、販売価格以上に安心感を求めています。

その為には信頼されるセラー=出品者でなくてはいけません。

 

付加価値=直して売る・・・が利益になるというとてもシンプルな転売モデルですから、重要なスキルはやはり修理技術の知識・技術・経験になります。そして、そのスキルそのものが信頼につながります。

 

この修理転売モデルを通して、あなたにも感謝されながら適切な利益を継続して得て頂く経験を共有して欲しいと、心から願っています。

 

そして、私の様に光学機器に関する知識・技術・経験を取得した方々が、毎月2名づつ成長して頂ければ、当協会のミッションにとっても、大変有意義な活動になります。

 

月刊雑誌 日本カメラさんにも掲載されています

 

 

一般社団法人 日本レンズ協会が、

レンズ修理とフィルムカメラ操作に関する電子書籍を刊行

 

そして、スクールは完全個別指導形式


写真愛好家の方々の定期購読雑誌で有名な、月刊誌・日本カメラさんにも、当協会の取り組みが掲載されています。以下、本文の抜粋記事です。


レンズ修理メンテナンスなどの事業を行う一般社団法人日本レンズ協会が、レンズメンテナンスとフィルムカメラの基本的な操作に関する電子書籍を刊行した。

 

どちらもシリーズ版でレンズの本は1,000シリーズフィルムカメラの本は100シリーズを刊行予定。

 

第一弾となる『カメラレンズの修理教科書』ではコニカ50mmF1.7『フィルムカメラ操作術』ではキャノンFTQLをそれぞれ取り上げている。

 

価格はいずれも1,250円(Amazon Kindle)

 

日本レンズ協会のミッションは、現存するレンズのでき得る限りの復元業務を主たる目的としているが、並行して関連教育事業にも力を入れている。

 

世界中のレンズをでき得る限り良い状態に復元して、その状態を後世に継承していく事は非常に価値が高いと言える。

 

単に、レンズの修理を施すだけの業務と違い、その個体の所有者が自宅でレンズをメンテナンスできてこそ、古き良きレンズがなるべく良好な状態で子供の代を乗り越えて、孫の代まで引き継いでいくという壮大な夢が実現すると言えるだろう。

 

すべての写真愛好家が撮影と並行して自分のレンズのメンテナンスを実行するかどうかは分からないが、当協会の目指すミッションは注目に値すると評価したい。

 

5年後を目途に東伊豆にレンズの修理専門学校の設立も計画している。構想としては宿泊施設を完備した完全個人指導形式の授業カリキュラムを準備中だという。

 

エストリビュターオンラインでも講師の私が取り上げらえています

 

 

※エストリビューターオンラインとは、日本で唯一の電子書籍作家情報メデイア

 

エストリビューターオンライン

https://estributor.jp/category/ebook-author/

 

写真愛好家の方々からの要望で、レンズ修理教科書というシリーズ版電子書籍を出版しております。

 

その出版活動が評価されて、この協会から1級エストリビューターという資格を認定して頂きました。

 

従いまして、講師の私は、人様の書籍出版をお手伝い・指導できる資格もあります。

 

レンズ修理転売ビジネス講座受講生徒さんで、自分の書籍を出版したいという方の講義も並行して監修しております。

 

関連書籍一例

 

 

カメラレンズ修理の教科書シリーズ2020年3月度現在併せて46冊

 

 

 

 

     Amazon著作ページ(作品一覧、著者略歴)

         日本語:http://www.amazon.co.jp/-/e/B00QT5IDAY

         英語 :http://www.amazon.co.jp/-/e/B00ZLLEAX6

 

     プレスリリース:http://www.value-press.com/pressrelease/135630

 

     田斉健輔 作品一覧:https://amzn.to/3aDmhfP

この講座に向かない方
残念ですが、以下の様な方はこの講座には向かないと思います

 

生徒さんとは、完全個別コンサルテイング制で、受講期限制限のない

一生涯のお付き合いになります。生徒さんの目標が達成するまで、責任を持って、お付き合い・指導させて頂きます。

 

この様な講座の性質上、以下の様なお考えの方は受講なさっても結果が出にくく、

作業の継続が難しいと判断致します。

 

①楽して儲けられる関連情報を探している方

 

②人様のお役に立つ ⇒ お金を得る事ができる・・・という原理原則が理解できない方

 

③修理という最初は少し面倒な作業はイヤだと感じる方

 

④今現在の生活習慣(時間配分)の中で、学習と作業の為の時間捻出ができない方

 

⑤自分が行なった事に対して、責任を持って対処できない方

 

⑥講師の私を好きになれない方

 

当協会のレンズ修理スクール開講の歴史と経緯

 

 

一般社団法人 日本レンズ協会では、元々【光学機器修理専門学校】を2004年2月から運営しておりました。今回、生徒さんを応募している、レンズ修理転売ビジネスオンラインスクールの母体となる学校の誕生です。

 

運営開始の主旨は、全国の写真愛好家の方々が、ご自身で所有するレンズを自分で整備できる様になりたいという要望と、私の様に手に職を付けたいという要望に応える為に開校致しました。

 

インターネットの普及に伴って、今から10年くらい前から、ネットで光学機器を販売する風潮が始まり、通学している生徒さんの中に、習得した技術で、レンズの転売を始めたいという要望が出てきました。

 

そして、現在に至りますが、スクール発足当初は、転売の為の授業内容ではなかったのですが、少しづつ授業内容に転売のコンテンツを追加する経緯となりました。

 

元々、学習形態はあくまでも通学学習というスタイルをとっていましたが生徒さんの中には、通学できない期間が発生してしまう状況が発生する等、登校受講に関する様々な課題を解決してまいりました。

 

そんな経緯・事情から、完全に自宅で学習できるオンラインビジネスモデルを年月をかけて試行錯誤し、都度、生徒さんの意見も取り入れて、構築して現在に至っております。

 

技術の習得に関しましては、通学学習がベストですが、生徒さんがご自宅に居ながらにして技術が習得できるコンテンツも併せて構築してまいりました。

 

同時にレンズ修理転売を通して、入学当月から生徒さんが収益を得て頂く為の仕組みも盛り込んでおりますので、転売を副業とする一般の方々にもご自宅で再現可能なスクール内容になっております。

 

従いまして、ご自宅で完結できる副業をお探しの方の様な動機の方々にも充分に活用できるスクール内容になっております。

レンズ修理転売の具体的な作業手順と
目安所要時間

1本のレンズにつき、以下7つの作業工程があります。

①転売したいレンズをネット上で検索・購入=10分

②購入したレンズが自宅に届く(検品)=3分

③該当レンズの診断・検査=5分

④修理の範疇で必要な処置を施す=10分

⑤出品の為の準備=8分

⑥出品する=10分

⑦落札後、発送=10分

合計≒約1時間

以下、各項目内容を詳しく解説します。

 

①転売したいレンズをネット上で検索・購入

入札予約機能を使うと効率的です。

当協会の講義では、安く仕入れる必要性は全くありません。

むしろ、該当レンズの標準価格で仕入れて下さい。

 

価格差を利益と捉える、なんちゃって転売とは、ビジネス構造が根本的に異次元的に異なります。

 

勿論、安く仕入れられる事にこした事はありませんが、そもそも、価格差を利益として捉えるビジネスモデルではないので、結果として得られる利益は、付加価値としての、修理費用です。ここの部分を確実に理解して下さい。

 

 

入学当初は、どんな機種を仕入れていいのか?全く解らないと思います。仕入れの為の時間中に、迷った時は、講師の私に生徒さん専用通信サイトで連絡して下さい。

 

手取り足取り私が直接指導致します。

ですから、仕入れに関しては、機種に関しても価格に関しても、全く心配する必要がありません。

 

多くの同業者が、仕入れの入り口で悩んでいる時、当協会の生徒さんだけは、サクサク仕入れる事が可能です。

 

②購入したレンズが自宅に届く(検品作業)

配送中の事故等ない事を確認します。

先ず問題はありませんが、到着後速やかに検品しておいた方がいいです。

 

 

配送のお兄さんにもお礼を言います。

私の場合はクロネコさん企業登録メンバーで毎日お世話になっていますので、商品受け取り時、必ず栄養ドリンクを差し上げています。

 

③該当レンズの診断・検査

診断・検査はとても重要です。

入手した全てのレンズに共通して、先ずは個体の状態を正確に診断・検査します。世にある OLD lENS は全てどこかに不具合があります。

例えば、鏡胴内部に組み込まれているレンズには必ず付着物があります。

 

 

・そのレンズが今現在に至るまで、どの様な人に所有されてきたのか?

・どの様な環境下で所有されてきたのか?

すべて違いますので、レンズを入手したら先ずは診断・検査して下さい。勿論、その為に必要な知識・技術・器具等は指導致します。

 

④修理の範疇で必要な処置を施す

生徒さん全員が驚くのですが、光学機器の整備は意外と簡単です。

 

整備に何時間もかけていたのでは、そもそもこの転売ビジネス自体が魅力のないモデルになってしまいます。

 

 

該当個体の内部構造を熟知していれば、診断・検査+処置≒15分くらいで完結します。

 

講師の私は、生涯取り扱い個体数が約45,000個体くらいの経験値になりましたが、生徒さんの場合、概ね30個体くらいの経験値をマスターすれば、少しづつ自信がでてくる様です。

 

ここまで、お読み下さった読者さん限定で、あるレンズの修理工程を解説した動画を一つプレゼント致します。視聴したいという方は、お申込みフォームに必要事項入力して、送信して下さい。追って、動画視聴用パスワードをメールにてお知らせ致します。

この動画で、自己学習して頂ければ、この機種のみの限定にはなりますが、整備して転売する事が可能になります。

 

レンズ修理工程解説動画視聴プレゼントを受け取る

 

勿論、個人差はありますが、入学当初、不器用に見える生徒さん程、その後の成長が早いのも特徴です。

 

⑤出品の為の準備

出品に際して必要な写真・動画を撮影収録します。

 

写真撮影と必要に応じて、動画撮影を入札者さんの気持ちになって、解りやすい写真・動画を撮って下さい。

 

カッコイイ写真で購買意欲をそそる必要は全くありませんが、例えばこれ位の撮影技術はマスターして頂きます。

Canon 50mm F0.95

 

レンズ本体と付属品の説明写真一例

講師の私は、写真のデザイン面は無視して、レンズ本体保護の為、必ずレンズの下にゴム板を敷いて撮影しています。こんな写真をネット上で見かけたら、思い出して下さいネ!

 

ビジネス動画に関しましては、必要に応じて収録・配信できる様になれば、更に感謝されて、信頼されるセラーになっていきますので、動画収録のスキルも磨いていってもらいます。

 

            Carl Zeiss Jena Biotar 58mm F2


絞り羽ユニット機構と、フォーカス調整機構の事を、駆動系と呼んでいますが、駆動系の整備を施した際には、この様な動画を購入者さんが閲覧できると、なお親切な対応になります。

 

⑥出品する

講師の私は、転売がメイン業務ではないので、慣れている生徒さんの方が、出品に関しては様々な時短ツールを駆使して工夫しています。

 

スクールの生徒さん同士、とても仲がいいので、様々な情報交換をしています。

 

そんな情報の中で、かなり有効と感じたやり方は、講師の私から生徒さん全員に情報を発信して、みなさんに共有してもらっています。

 

⑦落札後、発送

落札の知らせが、メールにて届く様に予め設定しておきます。

落札者さんと連絡を取り合って、速やかに発送して下さい。

 

 

この作業にとても有効なのが、クロネコさんのメンバー登録です。

登録すると、上記の様なメンバーカードがもらえます。

そして、発送元の氏名と住所が印字された送り状も頂けます。

 

 

この送り状に落札者さんの宛名を手書きして、発送準備は完了です。

 

そして、クロネコさんにパソコンで集荷依頼をして、自宅まで来てもらいます。動画で解説しましたが、1分もかかりません。コンビニ等が近くにあれば問題ありませんが、発送には工夫が必要です。

 

発送は自宅パソコンで1分完結

 

全てパソコンで行なう作業ですから、一歩も外に出ないで、発送作業は自宅で完結します。

 

特に講師の私は、全国の写真愛好家の方々から修理依頼のレンズが毎日届くので、このサービスはとてもありがたいです。

クロネコのお兄さんには、本当に毎日感謝しております。

 

レンズ修理転売ビジネス 時給単価

 

 

どんな仕事も、時給換算が可能です。

サラリーマンの年収も年間労働時間で算出できます。

 

副業で、アルバイトをしている方は、そもそも時給で働いています。

 

レンズ修理転売ビジネスも、常に自分の時給を考えながら、日々取り組んでいった方が、成長が早いです。

 

ちなみに講師の私は、修理依頼の仕事がメインですが、昨年度平均時給は、約17,500円でした。企業さんの工場ラインで、流れてくる段ボールのバーコードを読み込む、固定式工業用レンズの整備の仕事の場合は、年間保守整備請負い契約ですが、時給単価計算すると、丁度20,000円位です。

 

修理転売をしている生徒さんの場合は、月間取扱件数と、該当レンズそのものの市場価格によって左右されますが、概ね5,000円から8,500円くらいの幅があります。高価なレンズの方が、修理費も高くなります。

 

作業になれてきて、各作業ごとに工夫をする努力を積み重ねていけば、この時給単価数値は少しづつ改善されていきます。常に、意識しながら仕事に取り組む姿勢は、どんなビジネスにも必要です。

 

一般的には、作業効率とか、コスパと呼ばれていますよね。

 

毎月の利益計算

当月の振り返りと、翌月の目標設定は必須です。

 

 

毎月の利益計算を習慣にして下さい。その為には、管理しやすい台帳をノートでもパソコンでもいいので、作成して、1本のレンズ毎に記録していきます。

 

この作業に時間をかけても意味がないので、管理しやすい台帳が必要です。同時に、利益目標も大事で、うちのスクールの生徒さんとは、個別に両方を、毎月擦りあわせて確認しています。

 

毎月の目標を決めて、その月の結果を振り返る。こんな地味な作業を継続している生徒さんは、確実に成長しています。講師の私が感心するくらい真面目にやっている方もいらっしゃいます。

 

入学後半年間で目指して欲しいレベル

 

 

当協会本部が、各生徒さんの学習習得レベル及び作業遂行レベルで、設定している成長ステージについて解説致します。

 

レンズ修理転売ビジネス講座は、受講期限はなく、一生涯指導させて頂きますが、入学後半年間で習得して欲しい標準成長ステージがあります。

 

受講コースのステージは大きく五段階準備していますが、先ずは入学後半年間で最初のステージを目指してもらっています。

独り立ちステージ

 

  • レンズ×30機種の整備が自分でできる様になる
  • レンズ×30機種を自分判断で仕入れられる様になる
  • レンズ×30機種の仕入れと整備を人に教えられる様になる

 

30種類のレンズを自分で仕入れて、自宅で整備できるスキルが身につくと、その都度講師の私に聞かないで、自宅のPCで好きな時間に仕入れができます。

 

この数くらいの目利きボリュームの経験値が身につくと、いつパソコンで検索しても、同じ機種のレンズが必ず販売されています。

 

各レンズの適正価格も理解しているので、サクサク購入して、レンズが届いたら、あらかじめ計画していた時に整備して、

 

適正仕入れ価格該当レンズ適正修理価格=出品価格(即決価格

 

で販売するだけです。

 

誰もがやっている様な、1円スタートのオークション価格設定で、値段が吊り上るのを、パソコンを見ながら、一喜一憂して無駄な時間を費やす必要は全くありません。

 

レンズの取扱い数と、取り扱う機種のグレードにもよりますが、このレベルになると、自分の判断で毎月80,000円前後の副業収入が可能です。

多くの生徒さんを教えてきた経験上の標準値です。


 

レンズ修理転売のその先のステージ

そして、半年間あなたが取り組んできた行動を、活動記録日誌として、専用のサイトを立ち上げてクラウド上に公開しておきます。

 

そうすると、今のあなたには想像もつかない出来事(出会い)が突然起きます。

 

  • ある生徒さんは、そのサイトから、レンズの修理依頼の仕事が発生しています。
  • 別の生徒さんは、自分の日誌サイトから、レンズ修理転売を教えて下さい!という、先生役の仕事を経験しています。

 

どちらも、その生徒にとっては、予想もしていなかった全く経験値のない世界です。「俺にできるの!?」・・・と、その生徒さんはビックリですが、講師の私がいますので安心してその仕事依頼を受けてもらっています。

 

この様な、修理転売以降のステージの分野も、講師の私が手取り足取り丁寧に教えていきますので、毎月の副業収入を得る為の修理転売をしながら、その行動記録サイトを、花に水をあげる感覚で、大切に育てていけば、成長第二ステージはもう目と鼻の先です。

 

この様に、レンズ修理転売ビジネススクールは、修理転売というビジネスモデルだけを教えている学校ではありません。

 

  • 転売という作業=仕事が好きな人は、修理転売だけを楽しく続けるのも良し。
  • 次のステージを目指したい生徒さんは、転売をやりつつも、違った独自性を生かしたビジネスを講師の私と練り上げるのも良し。

・・・と魅力的な世界はいくつもあります。

 

成長第五ステージまで、もっと多くを話したいのですが、この2020年度生徒さん募集案内サイトでは、このお話はこれくらいに留めておきます。


入学前個別相談会

スクール内容に関しまして、より詳細な情報をお伝えさせて頂きたいと思います。

あなたが知りたい、どんな内容の事柄でも、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お電話にてのお問い合せ

047-386-5353
一般社団法人 日本レンズ協会

タイミング的にすぐに電話にでられない時もあります。

折り返し、こちらからお電話させて頂いておりますので、できましたら簡単な内容で結構ですので、留守電にメッセージを残しておいて頂けますと幸いでございます。

 

メールにてのお問い合わせ

 

※下記バナーを左クリックして下さい。

メールにて問い合わせをする
別ウインドーにて、お問い合せ画面が開きます 

メルマガ
レンズ修理転売ビジネス関連最新情報を配信中

※下記バナーを左クリックして下さい。

メルマガ登録する
別ウインドーにて登録画面が開きます 

※スマホご利用の方は、こちらをご利用下さい。

 

 

よく頂く、類似ご質問 ケース①

 

パートをしながらレンズ修理転売をしている主婦の方(生徒さん)

 

現在二児の母親でパートに出ております。

 

講義の内容を実践して、転売の収入がだんだん増えてきました。

 

転売は、自宅でできるので、子供を見ながら安心して作業ができます。

 

そろそろ、パートはやめて、転売だけに絞りたいと思っています。

 

先生のお考えを教えて下さい。

 

富山県 ミキさん 女性

 

 

ミキさん

ご質問ありがとうございます。

 

ミキさんと同じ様な環境で、パートをしながら協会の学校で学習・作業している、似た様な環境の主婦の方は何人かいらっしゃいます。

 

確か、ヤクルトさんとダスキンさんにお勤めだったと思います。

 

半年くらい経って、パートを止めてレンズ修理ビジネス転売だけでやっていきたいと相談を受けた記憶があります。

 

子育て+パート+転売と三つ同時に取り組むのは、チョットきついと思うのですが、ある程度の蓄えと、自分で修理できる個体数が増えるまでは、パートと修理転売ビジネスは並行していく事を推奨しています。

 

その理由を、下記補足動画で解説させて頂きます。

 

お時間ございます時に、ゆっくりご視聴下さい。

 

講師 田斉 健輔

 

 

よく頂く、類似ご質問 ケース②

 

会社勤めをしながらの副業が上手く行かない方

 

現在サラリーマンですがあまり自由な時間がありません。

 

今まで色々な副業を試してみました。

 

そんな自分でもレンズ修理転売ビジネスは副業として本当に稼ぐ事はできるのでしょうか?

 

岐阜県 lack さん 男性(32歳)

 

 

jack さん お問い合せありがとうございます。

 

同じ様な立場のお勤めの方でも、レンズ修理転売ビジネスで、実績を積み上げていらっしゃる生徒さんは沢山在席しています。

 

そんな上手くいっている生徒さんの特長として、

 

1、好きな人から学んでいる

 

1、同じ内容の事を学び続けている

 

事に、気が付きました。

 

副業で稼ぐ=長期間に渡って、安定した副業収入を得る事と捉えると、

 

自分が将来ありたい姿を、鮮明に描いて、その実現にむけて、少しづつでも、確実に下ごしらえをしていく姿勢が一番大切だと感じています。

 

・1本のレンズが高値で売れた!

・折角修理したのに、3,500円しか利益がでなかった!

 

等々、目の前の結果だけに一喜一憂している生徒さんは、学習と作業が継続しない傾向にあると私は分析・観察・指導しています。

 

直して売るという、とてもシンプルな転売ビジネスだからこそ、講師の私と毎月面談しながら、将来の自分像もいつも視野に入れた活動を継続すれば、楽しく稼げるビジネスモデルだと自負しております。

 

もう少し、考え方について、補足動画にて解説致します。

 

講師 田斉 健輔

 

 

よく頂く、類似ご質問 ケース③

 

他の転売塾で学んでいる方の移籍入学のお問い合わせ

 

 

私は長年カメラ等の転売をビジネスとして取り組んできましたが、

 

只単に、安く入手できそうなレンズを探す作業自体が、

最近つまらなくなってきました。

 

どうせなら直して再販できないものかと思う様になってきました。

 

修理初心者でも修理の知識や技術のマスターはできますか?

 

東京都  田中さん 男性(43歳)

 

 

田中さん お問い合わせありがとうございます。

 

ハイ。皆さん最初は初心者ですから心配はありません。

講師の私が、通学及び遠隔授業で、責任を持って伝授致します。

 

長い年月をかけて構築した、生徒さんが自分のペースで、自宅で学習・取得・再現できるスクール内容ですので、安心して取り組んで下さい。

 

只、世間で流行っている一般的な転売モデルとは、根本的にスクール内容が違います。

 

ハッキリ言って、修理という面倒くさい作業工程が核となるビジネスモデルですから、今までやられてきた作業にプラス+修理という工程が増えてしまいます。

 

私としては、直して売る事に意義があると確信をもっておりますが、生徒さんにとっては、特に転売経験者の方にとっては、この点が慣れるまではチョット大変と感じられるかもしれませんね。

 

もう少し、詳細、補足動画にて解説致します。

 

宜しければ、ご参照下さい。

 

講師 田斉健輔

 

 

受講料=498,000円

 

 

 

レンズ修理転売スクール受講料は、当初の入学金のみです。

受講期間無制限で、完全個別指導制コンサルテイングの為、受け入れ人数に制限がございます。

 

銀行入金ご決済
こちらのバナーをクリックして下さい 

 

カードご決済
こちらのバナーをクリックして下さい

 

>>>特定商取引法に基づく表記について

 

受講中の生徒さんが入学の動機、今後の目標等語ってくれました

協力してくれた生徒さん
ありがとうございました

あり

どうして当協会主催の学校に入学したのか?

入学後今どの様に生活が変化したのか?

良かった事や、現在の悩み、今後の夢等お話して頂きました。

 

匿名希望の生徒さんもいらっしゃいますし、年齢を聞くのが躊躇われて幾つなのかハッキリしない生徒さんもいらっしゃいますが、生徒さん全員の内、お声をかけた11人の生徒さんが快くコメント掲載を許可してくれました。

 

今後も生徒さんの生の声をこのサイトに加筆、掲載していきます。

 

もしかしたら、このページをお読みの読者さんと同じ様な環境の生徒さんがいらっしゃるかもしれません。

参考になりましたら幸いでございます。

 

 

お1人目の生徒さん 大分県在住 Nさん 男性

 

当協会が2004年から監修しているスタンダードコース受講生

蔵から出てきたカメラとレンズ

5年程昔自宅の蔵から出てきた先祖の遺品がありました。

その中に昔のレンズとカメラもありました。

フィルムカメラとそれ用のレンズみたいでその扱いに悩んでいました。

当時の私はカメラに関心がなく、時々使っていたカメラはデジカメでした。

その遺品が使えるのかどうかも分からず、かと言って処分するのも気が引けて

しばらくはそのままにしていました。

レンズの数は相当な数で全部で30本くらいはありました。

>>>続きを読む

 

お二人目の生徒さん 大阪府在住 Sさん 男性

当協会が2008年から監修しているフランチャイズコース受講生

退職後のライフプラン

私は勤続23年のサラリーマンです。

仮名でお願いします。

真面目に務めてきましたが退職後は健康であれば何とかなると考えていました。

会社の退職金はそんなに望めません。

子供の成長と家の返済はその歳になるまでには終わりそうです。

>>>続きを読む

 

三人目の生徒さん カナダ在住 スミスさん 男性

当協会が2004年から監修しているスタンダードコース受講生

私は、カナダ在住のハーフです

私はカナダに住んでいます。

母親が日本人のハーフになります。

仕事で3ヶ月に一度来日しています。

カナダは湖があちこちにあって大変綺麗な国です。

写真愛好家も沢山います。

仕事で日本に来た時は昔のカメラとオールドレンズを沢山購入します。

>>>続きを読む

 

四人目の生徒さん 東京都在住 アラレちゃん 女性

当協会が2008年から監修しているフランチャイズコース受講生

会社の同期、友人から教わりました

私は随分後になってから同期入社の友達から日本レンズ協会の事を教わりました。

友人みたいに写真に興味があった訳ではありません。

友人が何か変化したのでどうしたのか?気になって聞きました。

それが不思議だったのです。

週末学校に通っているという事でした。

>>>続きを読む

 

五人目の生徒さん 埼玉県在住 Aさん 男性

当協会が2008年から監修しているフランチャイズコース受講生

独立したくて相談しました

僕は現在27歳で埼玉から都心に通勤しているサラリーマンです。

名前は匿名ですが、代表の田斉さんに依頼されて入学の動機等正直に書く事にしました。

初めて会ってから現在に至るまで本当にお世話になっています。

自分の文章でイイという事で飾らずに書きます。

入学を希望して会ってもらったのに最初は断られました。

>>>続きを読む

 

六人目の生徒さん 東京都在住 上条さん 女性

当協会が2008年から監修しているフランチャイズコース受講生

友達の影響で、カメラを始めました

都内に住んでいる普通のOLです。

最近、友人の影響で写真を始めました。

デジカメに昔のレンズを付けて、その味を楽しむのですが、私はまだその感覚が解りません。

先ずはSonyのミラーレスを中古で購入しました。

そして、カビが生えているオールドレンズを格安で買いました。

>>>続きを読む

 

七人目の生徒さん 静岡県在住 吉岡さん 男性

当協会が2004年から監修しているスタンダードコース受講生

OLD Lens 収集が趣味です

私は昔から世界中のオールドレンズ収集が趣味です。

勿論、フィルムカメラ時代の何十年も前のレンズばかりです。

1本あたり高額なレンズばかりですが、その持ち味は何とも言えないその個体独特の特徴があります。

日本でも、海外に出張した時も暇さえあればレンズを探しています。

しかし、どのレンズもどこかしら不具合があって状態の良いレンズはあまりありません。

>>>続きを読む

 

八人目の生徒さん 滋賀県在住 阪上さん 男性

当協会が2006年から監修している開業ベーシックコース受講生

趣味がフイルムカメラの修理でした

私は現在サラリーマンですが、フィルムカメラの分解・組立が趣味でした。

昔から、プラモデルや細かな手作業が好きで、この年になってしまいました。

会社が休みの日は主にカメラの修理をしていました。

昔のフィルムカメラの安い物は、ネットで気軽に買えます。

どこかしら壊れているので、その修理が趣味でした。

その工程を写真に撮ったりして満足していました。

>>>続きを読む

 

九人目の生徒さん 神奈川県在住 野中さん 男性

当協会が2006年から監修している開業ベーシックコース受講生

現在サラリーマンです

私は現在サラリーマンで、毎日都心まで通勤しています。

趣味が写真で、ミラーレスにアダプアーを付けて、昔のレンズを楽しんでいます。

高校生の時から地元のクラブに所属していて、写真仲間は沢山います。

今、特に悩みはないのですが、数年前は所有しているレンズの整備が思う様に進みませんでした。

整備にはかなり費用が掛かるのですが、そんなにお小遣いもありません。

貯金はコツコツ貯めてきましたが、将来の為に何か資格取得をしようといつも思っていました。

>>>続きを読む

 

十人目の生徒さん 秋田県在住 畑中さん 女性

当協会が2008年から監修しているフランチャイズコース受講生

実家がカメラ屋です

私の実家は、秋田県で写真屋を経営しております。

中古のカメラやレンズの販売と、記念撮影用のスタジオがある規模の店舗です。

私自身も時々お店を手伝っています。

フイルムネガの現像もしていますが、私はこの仕事はできません。

就職用、運転免許用、パスポート用の写真撮影の仕事が主な私の仕事です。

七五三と入学・卒業式シーズンは一瞬だけ忙しくなります。

>>>続きを読む

 

十一人目の生徒さん 茨城県在住 大野さん 男性

当協会が2004年から監修しているスタンダードコース受講生

日本レンズ協会さんとの出会い

私は、定年退職を迎え大好きな写真撮影に思いっきり時間が摂れる身分(立場)になりました。
所有しているレンズは50本くらいで、どんどんその本数が増えてしまいました。
ある時、レンズのカビや絞り羽の粘りに気づき、日本レンズ協会さんの存在を知りました。
当初は、何本かまとめて整備を依頼していましたが、やはり復元したレンズは使っていて気持ち良く全部のレンズを整備したい気持ちが強くなってきました。

>>>続きを読む

 

一般社団法人 日本レンズ協会

 

所在地:〒270-2267千葉県松戸市牧の原1-24LM101

電話:047-386-5353

代表理事:田斉 健輔

公式サイト:https://lenscleanservice.com/